日常的にたんぱく質を十分摂取するための常備食品を検討する

筋トレ、ダイエットと健康

体型を改善していくため筋トレや運動をし、睡眠、食事に気をつけていくよう取り組んでいるが、食事を改善するにあたり絶対に欠かせないのが高たんぱく食の維持。しかし、高たんぱくな食事をずっと続けていくのはいくつか難しい面もあるので、ここにまとめるおすすめ食品を常備することで無理なく食習慣に取り入れたい。

費用面

まず価格が高すぎるものは、家計を直撃するので誰でも食べ続けるのは難しい。毎日焼き肉食べ放題に行ければいいけど、そうはいかない。スーパーに行くたびに気軽に買えるものがよい。だいたいコストと腹持ちがいいものは炭水化物であるが、ローカーボな食品を心がけ、たんぱく質で置き換えるようにしたい。

栄養面

たんぱく質を摂取するのとともに、ビタミンやミネラル、それ以外の機能性食品にも注目したい。体調を整えるためにも必要。

おいしさ、食べやすさ

おいしくないものを買うのは精神的にもさみしい。あと食べるための手間がかかるものは避けたいところ。限られたところにしか売ってないとか、あまり調理が面倒なものよりは冷蔵庫からさっと取り出して食べられる方が便利。

おすすめ食材一覧

プロテイン(myprotein)

結局コストでいうと1位。前提として40%オフのときに買う、送料は無料になるぶん買うとして、たんぱく質21gあたりの価格は約38円。家においておけば気軽にいつでも飲める、気に入った味を選べばたぶんおいしい。チョコ系はハズレなしと言われている。ネット上には悪い評判もあるにはあるので、海外製品に不安を覚える場合などは敬遠する気もわからなくはない。私は毎日朝と夜に1杯ずつ行っていますが、それでも4〜5ヶ月に一度、1万円程度の出費で済む。

プロテイン(ザバス)

マイプロテインに行く前は明治ザバスを飲んでいた。1,050g売りのパックをAmazonの安値で買う前提として、かつやっぱり一回にたんぱく質20gくらいは摂りたいと思うと、1杯あたりは約114円。ビタミンとミネラルが添加されているとか付加価値があるし、プロテインパウダー自体が携帯性もいいし、ダイレクトにたんぱく質だけとれるという素晴らしい食品なのでこれくらいの値段でむしろ当たり前かも。

ニッスイおさかなソーセージ

美味しくて大好き。冷蔵庫から取り出してむいたらすぐにかぶりつける。1本あたり40円くらいでたんぱく質は6.9g。3本食べればたんぱく質は21gで約120円だけど、そんな食べ方はしなくて、お米を我慢した分物足りないお腹に一本ストンという感じで食べる。間食にもいい。糖質が結着剤とかの分10gほどあるので一応意識。EPAとDHAが入っていることを堂々と書いてくれているのもすばらしい。ただ、元の姿はホントはどんなお魚なのよ、とか、加工の途中でなにか怪しいことが起きてないかとか変に勘繰りだすと人によっては評価が変わるかも。

サラダチキン

コンビニでいつでも買えて安心の美味しさ。糖質も抑えてあってサクッと食べやすくて簡単に1パックで20g少しのたんぱく質になるが、安くても230円前後。胸肉を買ってきて自分で調理するのに比べると当然かなり割高なものの、やっぱりあれだけおいしく作ってあれば当然。よく噛んで食べたい。

鶏むね肉

安めのスーパーだと100gあたり60円を切ることもある。それでたんぱく質は25g。調理の手間さえ惜しまなければコストパフォーマンスはすごい。加熱するとパサパサになりがちなところはプライン液漬けなどのテクニックで軽減できたりする。賞味期限が長くは持たないので、料理をすると決めている日のメイン食材にする。もしくは蒸すか茹でて冷蔵庫に。

ささみ

ほぼ鶏むね肉と同様のパフォーマンス。

鶏ミンチ

これも鶏胸肉やささみと同じような位置づけだが、つくねとかハンバーグとかそぼろなどのお料理でいただく。

豆腐

絹ごしでサクッと食べられる柔らかめのやつで、100グラムあたり30から40円くらい、たんぱく質は、6〜7gとなかなか優秀。ちょい足しで冷奴、味噌汁やスープに叩き込むこともできる。イソフラボンとかも入ってていい。単体で冷蔵庫からすぐ出して食べると結構冷たいので注意。

ふじっ子ビーンズキッチン蒸し大豆

ひと袋が98円でたんぱく質は15g。さくっと袋を破ればいつでも食べられてすばらしい。家族がカレーライスの日は、自分は白米を省略してこれに全置換えするなどの活用方法がある。サラダチキンとかと比べて、お父さんだけズルい感も低い点も◎。お腹もしっかりいっぱいになって、食物繊維が大量に取れる。もちろんイソフラボンも。

鯖水煮缶 はごろも 鯖で健康 水煮

Amazonなんかでも180円程度で、たんぱく質は26g。EPAとDHAが爆裂。週に1缶は食べたいご褒美的存在。単体でムシャムシャ食べるのが辛い場合は、何かしら調理する。サラダに混ぜて適量のマヨネーズとかゴマ油とかで匂いをごまかすのもあり。

鶏卵

なかやまきんに君は毎日5個ゆで卵を食べるらしい。1個あたり20円を切りながらたんぱく質は6〜7g。あまりたくさん食べると体質によって良くないらしいが、調理も多彩でコストパフォーマンスがよく、ビタミンやミネラルなども含まれる素晴らしい食材。カレーでもスープでも煮物でも放り込んで食べてしまうと栄養価底上げ。半熟のゆで卵にして、麺つゆに漬けて簡易の味玉にするとおいしい。

納豆 ミツカン 金のつぶ とろっ豆

98円で3パック。1パックあたり33円でたんぱく質は6〜7g。すぐに食べられるのも嬉しいので常備。玉子との相性にも注目。発酵食品としての健康効果にも期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました